これはモテる!女性がデートで行きたい場所を言ってくれないときの3つの対処法

婚活中の全男性が苦悩しているであろう、女性の「どこでもいいよ」という罠
当然本当はどこでもいいわけではなく、提案力を試されているのです。
恋愛経験が豊富な男性であれば、「まあこれくらいのお店を予約すればいいかな」と提案することができるかもしれません。
しかしそうでない場合はハンパではない難題と化し、男性に苦悩をもたらします。
上手く地雷を回避し、女性が喜ぶ提案をするにはどうすれば良いのか、具体的な方法をお伝えしていきます。

女性の「どこでもいいよ」にはどう対応すればいい?

婚活をしていると必ずぶち当たるのが、女性からのこんな発言です。

デートの行先で「どこでもいいよ」
観たい映画も「何でもいいよ」

兎にも角にも判断を下してくれない女性は大量にいるのが現実です。
本当にどこでもいいと真に受けてしまい牛丼チェーン店に連れて行こうものなら、
「ねー聞いてよ、こないだ男の人にデートでこんな店連れてかれたんだけどあり得無くね?」
と、女子会で総スカンにフルボッコされてしまい、ご縁が一瞬にして吹き飛んでしまいます。

どこでもいいけど素敵な所に誘って欲しいのが女性

お気づきの通り、女性は本当にどこでもいいとは考えていません
ある一定の水準を保った提案が来る前提で、どこでもいいと答えているだけであり、男友達と同じ感覚で行先を選んでしまうと大事故に、
否!
社会的に抹殺されるレベルの悪口を言われる羽目になってしまいかねない。
そのため、この地雷を避けた上手い提案をするコツを身に付ける必要があります。それでは具体的な対処法をご紹介します。

位置的な選択肢を提示しよう!

まずは、“相手が行きやすい場所”と、”やや離れた場所”の2択を提示するようにしましょう。
相手の家、もしくは職場から10分程度で行ける無難なイタリアンレストランと、移動に20分以上かかるが雑誌等で紹介されているような人気のイタリアンレストラン。
この二つの提案をすることで、相手が近場で気軽に会いたいのか、多少移動しても色んなお店に行きたいのか、位置的な好みを知る事ができます。
最初は好みの別れにくいイタリアンを選択すると良いです。

異質の選択肢を提示しよう!

2回目以降のデートでは、女性がどのようなタイプの店や場所を求めているかを探りにいきます。
前回と同じような店を選択しても良いですし、ピンと来なければオシャレなカフェごはんを提案しましょう。
(Googleで 地名 オシャレ カフェ と検索して店は機械的に決めてOK)
次に、もう一つの選択肢として、1回目で女性の好みを聞けたらそのお店。聞けていなければ手品が見れるマジックバーや、足湯カフェ、ハンモックカフェなどのコンセプトバーやカフェにお誘いしてみましょう。
ここでの選択やその過程で、女性がデートの行先を決定するのに、どのような価値基準を持っているかを見透かすことができます。

好みを把握したら行ったことが無い場所を提案しよう!

女性がいずれも無難な選択をしたとしても、刺激を求める選択をしたとしても、3回目以降のデートでは刺激ある場所を提案するようにしましょう
行く行かないは置いといて、一般的な男性が提案しにくいお店まで提案できると、他のライバルから一歩リードした価値を感じてもらえます。
予算と男性の本気度次第ではありますが、例えば3回目のデートで
「今日気分的に空飛びたいんだけど、ヘリ乗っちゃう?」
と、ヘリクルーズ(3万円~)を提案してみたり、
「ちょっと平地の生活に飽きたから、船乗んない?」
と、ディナークルーズ(1.5万円~)を提案してみたり、
「家のコップ割れたから、サクッと作りにいかない?」
と、陶芸体験に誘ってみたり。
重要なのは、相手の選択における好みを把握し、基本的なデートスタイルを見極めること。
そして、その上でたまに”外し”の提案をすることです。
どんな女性もたまに刺激を求めるもの。
女性の”好み”の理解と”外し提案”をするようにしたら、”何でもいいよ症候群”の女性にとってあなたは救世主的存在になることができ、それはつまり多くの女性のハートを射止められる存在になれると言えるのです。

関連記事はコチラ↓
脈アリか確かめる!女性が男性を勘違いさせる心理とは?
婚活で会話が続かない人必見!100%共通の話題を作り出す秘伝の恋愛テクニック

moteproポイント!

・どこでもいいというのは嘘。女性は良い提案を待っている!
・近いくて手軽か、遠くてもこだわるか見極めよう!
・行ったことが無い場所の提案をしてみよう!

ブログ村のランキングに参加しました!応援クリックお願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です