婚活でバツイチを隠すと信用を失う!早めに伝える3つのメリットとは?

婚活パーティーや合コン、街コンなどで出会った人とお付き合いし、数か月経ったときに「実はバツイチなんだ…」と告白されるとズルい!と感じますよね
婚活をしている男女にとって、婚姻歴は大事な情報です。
バツイチと知ったからといって即嫌いになったりはしないとしても、大事な情報を隠し続けていたという性格には疑問を抱くようになってしまうもの。
バツイチの人は、それが婚活に不利だと考えて隠し、相手を好きにさせてから伝える手法を取るケースがしばしば見られますが、バツイチはデメリットばかりではありません!
今回は、離婚経験を早めに伝えてあげることで得られる3つのメリットについて、お伝えしていきます。

バツイチを隠して婚活する人は結婚が遠のく?

結婚するかもしれない大切な相手に、バツイチであることを隠すのは嘘をつくことに近いです。
誰しも嘘つきとは結婚したくありませんよね。
2、30代の男女はとくに、婚活サービスなどでは”未婚”を検索条件に入れることも多く、隠したくなる気持ちは分かりますがメリットもあります!

バツイチを早めに伝える3つのメリット

バツイチは早めに伝えることで得られるメリットがあります。
それぞれ見ていきましょう。

正直で離婚理由を疑われにくくなる

一般的に不利と考えられているバツイチ。
素敵な異性と出会ったとき、どうしてもその人とお付き合いしたい!と考えると、魔が差してバツイチであることを隠す人も大勢います。
しかし、いずれ確実にバレる隠し事。
どうせなら早い段階で言ってしまいましょう。
そうすることで、自分に不利な情報でも、大切なことはちゃんと相手に伝えられる人だと感じて貰うことができます。
嘘をつかない人であると感じて貰うことで、続けて話す離婚理由についても信用を得やすいのです。
逆に隠し通してバレてしまった場合、いくら正当な離婚理由を説明しても、
「どうせこの人が不倫でもして離婚したんだろう」
と、ネガティブな捉え方をされて当然です。

早い段階で深い会話ができる

婚活中の男女は、出会って1、2回目は特に浅くて差し障りない会話をしがちです。
なかなか上手く距離を詰められないという悩みを抱える人は非常に多いのですが、婚姻歴という踏み込んだテーマをサラっと話すことにより、お互いに深いテーマについて話しやすい雰囲気が出来上がります。
不利と考えられているバツイチも、心の距離を急接近させる武器になり得るのです。

思いやりがあることが伝わる

婚活では、相手の婚活条件に“未婚であること”が入っていると、バツイチであることを早めに伝えることで、その時点でご縁がなくなる可能性もあります。
逆に考えると、婚姻歴というのはそれほど重要なポイントなのです。
バツイチである事実は変えることはできません。
もし伝えることで相手が去っていっても、それは仕方のないこと。相手にとっての幸せがここには無かったということ。
そう考えることのできる寛大で思いやりのある姿勢は、バツイチの告白によって伝わる大きなメリットです。
「バツイチの人はイヤだ!」
と考えていた人も、その姿勢に感銘を受けて、自分を受け入れてくれる可能性もあるのです。

これらのメリットをより強く得るには、遅くとも2回目のデートまでにバツイチであることを告白するようにしましょう!

関連記事はコチラ↓
婚活パーティーで遊び目的の男性を見極める方法5選
結婚相談所で人気者!成婚率が高い男性の3つの特徴

moteproポイント!

・バツイチと早めに伝えると離婚理由が疑われにくくなり、信頼されやすい!
・大事な情報を早めに伝えることで、深い話がしやすくなる!
・バツイチが不利になりにくく、思いやりがあることが伝わる!

ご質問はコメント欄まで!

ブログ村のランキングに参加しました!応援クリックお願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です