結婚に妥協は必要ない!後悔しない恋愛テクニック

恋愛や結婚に妥協は必要という声をよく耳にしますが、妥協してしまうと後々必ず後悔するタイミングがあります
妥協とは、相手に欠点があるのを分かっていて付き合う、または結婚することを指していますが、そもそも欠点が無い人間なんていません
そのため、妥協が必要か悩んでいる人は、どんなに素敵な人が現れても妥協が必要になってしまいます
イトルの”妥協は必要ない!”というのは、完璧な人を狙えという意味ではなく、妥協という考え自体が必要ない!という意味なのです。
幸せな結婚をしたい方は、相手の欠点の捉え方を変えていきましょう。

結婚に必要なのは妥協ではなく納得である!

せっかく結婚するのに、相手の欠点を並べて”妥協する”と考えるのは非常に残念で悲しいことです。
そうではなく、相手の欠点に対して”納得する”と、結婚に対するマインドがポジティブになっていきます。
では、妥協と納得の違いを説明しつつ、どうすれば後悔しにくい結婚ができるかご説明していきます。

妥協すると結婚したあと後悔しやすい

相手の欠点が分かっていながら付き合ったり結婚すると、たびたび「別れた方がいいのかな?」と、将来的な離婚の種を抱えてしまうことになります。
このような状態になると、幸せのスタートラインから不安を抱えてしまい、不要なケンカを生むことも。

妥協が発生する原因と対策

あっても良いことは一つもない!そんな妥協ですが、これを取り除くにはまず、欠点をピンポイントで判断するのではなく、トータルで良いか悪いかを判断する必要があります。
冒頭でお伝えした通り、欠点の無い人間はいません。必ず得手不得手があります。
それでも妥協という感情が発生してしまう原因は、1つ1つの欠点を他者と比較しているからなのです。
これを取り除くための対策は、1つは“+も‐も含めてトータルで+か判断する”こと。
一方で、「探せばもっといい人がいるんじゃないかな?」という期待からくる妥協も存在します。
実はこの問題こそが最多の悩みなのですが、現在の相手よりトータルで上回る人と結婚するためには、

・トータルで上回っている人に出会う
・本当に上回っているか見極める
・相手と恋愛関係にもっていく

という工程をクリアしなければなりません。
トータルが魅力的となると、他の人も放ってはおきません。素敵な人は倍率も高く、困難を極めます。
また、理想を言えばキリは無く、永遠に妥協の呪縛から解かれません。
この場合は“既に出会っていて、恋愛感情を互いに持ち得る相手の中で比較する”ことで納得感を持っていきましょう。
欠点というよりも、”何かが足りていない”ということで妥協している場合、その要素のせいで本当に何か不利益を被るか?今後改善の余地はないか?と自問してみましょう。年収等がそれに当たります。

妥協ではなく納得すると後悔しにくい

つらつらと妥協についてお話しましたが、どれも精神的に負荷がかかることです。
これらを手っ取り早く解消するには、“妥協ではなく納得する”という考えを持つことです!
相手の長所も短所も、相手の人格を構成する1つの要素。
決定的に嫌なところが無くて、自分はその人格が好きだ。と思える人は後悔しにくい結婚ができます。
これまで気にしていた欠点でストレスを受けにくくなり、自分も相手もストレス量が減少するのです。
決定的に嫌という感情は非常に大事なので、詳しく知りたい方はコチラの記事を参考にしてください。

結婚を後悔する理由は?焦って結婚は危険!

妥協を納得に変えるコツ

これまで慣れ親しんだ妥協という感覚を、納得という感覚に変えるにはコツがあります。
例えば好きな人に
「私(僕)のどこが好き?」
と聞かれた場合、全部好き!と言った後に具体的に褒めてゆくというのが恋の定石です
これがポイントです!お付き合い、ましてや結婚を決めようかと悩む程のお相手ですから、好きじゃないとそこまでいけません。
全体的に見て良いと思っているのであれば、まずは「全部好きだ」と思い切ってみてください
改善して欲しいポイントについては、
「ココが嫌いだから直して」ではなく「こうしたらもっと素敵だよ」
と、褒めながら教育していくことが、幸せなカップルの秘訣になっているのです。

moteproポイント!

・妥協して結婚すると離婚のリスクが増える!
・相手の欠点は妥協ではなく納得していこう!
・全部好き!というスタンスをもって、褒めながら欠点を直していこう!

ご質問はコメント欄まで!

ブログ村のランキングに参加しました!応援クリックお願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です