【こじらせ女子の治し方】小悪魔を凌駕する!救世主系女子の恋愛術

こじらせ女性の治し方2

皆さん、こじらせ女子はネガティブだからいけない!と思っていますよね?
ネガティブな女子は男性に気を遣わせ、
「あああああめんどくさい!重い!つらい!貝になりたい!」
と思わせて恋が冷めてゆく。
実際にその通りなのですが、だからと言って常にポジティブでもいけません
わかります。タイトルとの相違に舌打ちする皆さんの気持ちが痛いほどわかります。
でも我慢して読んでください。ポジティブは“出しどころ”を習得すれば、俗にいう小悪魔系なんてなんのその。
純度100%のモテ結晶体である”救世主系女子”になり得るのです!

それではこじらせ女子シリーズ第二弾!救世主系女子の恋愛テクニックを説明していきましょう!

★こじらせ女子の特徴を詳しく書いた他記事はコチラ
【こじらせ女子の治し方】人のせいにしない恋愛術
【こじらせ女子の治し方】実家暮らしを強みに変える恋愛術

小悪魔系女子と救世主系女子の違いは?

“小悪魔”はよく耳にする言葉なので、皆さんなんとなく意味はわかるのではないでしょうか。
おおよそ男性を虜にするようなファッション、言動、挙動を取る女性を指します。
世に蔓延る小悪魔系のテクニックは全て、男性の恋心をくすぐり自分を好きにさせるもの
救世主系女子とは、小悪魔系女子の恋心をくすぐるアプローチとは一線を画すもので、男性を救う存在です。
男性に、公私共に進むべき正しい道を指し示す救世主となることで、一時的に男性の恋心を刺激する小悪魔テクニックにはなし得ない愛を育むことができるのです。
皆さんはこう思ったことでしょう。
一介のこじらせ女子が、本当にそんな夢のような救世主系女子になることができるのか?
そんな千金に値するノウハウを、本当に無料公開していいのか?
しかもこの”motepro!”という、およそ十数名しか閲覧していないようなクソサイトで公開するなんてイカレていないか?

僕には放っておけない。
この世に1人でもこじらせ女子がいる限り、救世主系男子代表として、見逃せない。そんな想いで書き綴っているのです。

ポジティブの出しどころを絞ろう

冒頭でネガティブはダメ、常にポジティブでもダメという乱暴な意見を言い放ちましたが、救世主系女子はこのポジティブの出し加減がめちゃくちゃ上手いのです。
ポジティブな発言は時に人を元気づけ、時にめんどくさがられる側面があるので、出し方についてお伝えしていきましょう。

常にポジティブの落とし穴

巷にあふれるメンタル系恋愛本に溢れる理論がこれなのですが、全て実践してして何につけてもポジティブでいてしまうと、男性から、
「チョロいな…」
と感じさせてしまい、短期的にはいい関係でも長期的には粗雑な扱いに変化していく可能性が高いのです。
多少手を抜いて接しても、良い反応が返ってくると、男性もそりゃあ手を抜き始めます。
それがいつか別れの引き金となり、こじらせ女子の温床にもなるので注意が必要です。

ネガティブは謙虚に振る舞う時限定で!

ネガティブな女子はモテません。
しかし、先述の通り常にポジティブでもダメなので、時おりネガティブを発動するようにしていただきたいのですが、
“謙虚に振る舞う”時限定にすると意識しましょう。
例えば外見を褒められたとき、スッと受け入れるよりも、
「えー嘘!暗くて分かりにくいのかな…周りの人キレイで私恥ずかしいよ…」
と、謙虚を押し出すタイプのネガティブは男性に好感を持たせます。
逆に、何に対しても「どうせ…」「いや、でも…」「無理、ダメ」などを多発する、自分を謙虚にアピールする以外の使い方だと、男性に不安を与えます。

ポジティブになるのは男性を励ますとき

救世主系女子になる最も重要なポイントは、
男性が落ち込んでいるときにポジティブになることです。
唐突に陰陽を変化させ、男心をくすぐる小悪魔とは訳がちがいます。男性が落ち込み、ネガティブになっていたら無条件で明るい未来を指し示すポジティブ力を発動させてこそ、真の信頼を勝ち取れるのです。
仕事が上手くいっていないとき、
「大丈夫、今はだめでも〇〇君なら絶対うまくいくよ!私、そういうの分かる子なの♪」
と、根拠が皆無のポジティブ論をぶつけられたら、男性は救われ、愛に目覚めるのです。
男性に愛され始めれば、こじらせ女子なんて即卒業できます!

moteproポイント!

・”救世主系女子”は男性に愛を覚醒させる!
・ネガティブは謙虚に振る舞うときに!
・男性が落ち込んだ時はポジティブに!

ご質問はコメント欄まで!

ブログ村のランキングに参加しました!応援クリックお願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です