婚活パーティーで遊び目的の男性を見極める方法5選

チャラ男

婚活パーティーに参加しても、遊び目的の男性とマッチングしてしまうと辛い思いしかしません。
せっかく婚活をしているのですから、真剣にお相手を探しに来ている男性に巡りあいたいですよね。
今回は、これまで約3000人の婚活パーティー参加者を観察した私が、”遊び目的”の男性を見極める方法を5つお伝えしたいと思います。

遊び目的の男性を見極める方法5選

来るのが遅い

最初に、遅刻してくる、もしくは開始時間ぎりぎりに会場に入ってくる男性は遊び目的である可能性が高いです。
真剣に婚活している男性は、人生のパートナーになるかもしれない女性との初対面の場と捉えているので、わざわざ「僕は時間にルーズです!よろしく!」なんてアピールはしないものです。
遊び目的の男性は、いかに効率よく女性を引っかけるかを考えるため、婚活パーティーに早めに行くという発想はあまりしません。
何なら、見た目で判断するパターンが多いため、ぱっと見でいい人がいなければ早退しようとするのも特徴と言えます。

友達と参加している

真剣に婚活している人の多くは1人で参加しています。友達と一緒に参加する男性は、婚活パーティー終了後に”反省会”という名の女性評論会を執り行い、落とした女性自慢や、一部女性をこき下ろすことも。もはやこちらがメインコンテンツで楽しみという人もいます。
もちろん友達と参加していても真剣な人である可能性は十分ありますが、真剣度の段階としては初期です。
というのも、結婚という個々人の相性が求められる出会いに、友達という第三者の評価が悪い意味で加わり、真剣な恋に発展しないケースがあるためです。
もし自分が友達と参加する場合は、コチラの記事を参考に上手く立ち回りましょう。
(→婚活パーティーは「友達と行って一人参加を装う」がメリット最大!

酔っぱらう

緊張をほぐすためならかまいませんが、羽目を外して強気になろうという意気込みが見えてしまいます。
必要以上にお酒を飲む男性は、真剣に自分を知ってもらい、相手を知ろうという考えが浅く、その場限りテンションで乗り切ろうという軽さが根底にきてしまっています。

タメ口を使う

いきなり親密な関係へ発展させることに慣れている遊び目的の男性は、初対面で堅い女性をフィルタリングする意味でも、よくタメ口を使います。
真剣に婚活している人は、”失礼な男性”と思われたくないですし基本的に敬語を使います。初対面の人に敬語を使わない人は、マナーが分からない人か軽い人のいずれかである可能性が高いのです。

髪を染めている(黒染めは除く)

こちらは非常にわかりやすいですよね。
自分にも相手にも見た目を重視し、真剣な男性であるという評価をハナから捨てているとも捉えられます。
髪を染めている人にも、中には真剣な方も当然いますが、染めようと思った背景を推測してみてください。
その多くは、「染めた方がモテるんじゃね?」と考えているからではないでしょうか?
しかし、明るい色が有利になるのは、美容か芸能に関わる仕事をしている人くらいです。そうでなければ、遊び目的か、考えが浅はかと思われて当然です。それで真剣に婚活していると言われても、「相手が自分にどういった印象をもつか?」という客観評価に鈍感だと感じるだけです。
黒染めはビジネスでの印象に関わるため、色が黒だからOKという意味ではなく、染めようとする際の意図が真面目ですので除外しましょう。
皆さんは遊び目的の男性にひっかからないよう、本気のパートナーを見つけ出してください!

moteproポイント!

・婚活パーティーに対して不真面目な人は遊び目的!
・馴れ馴れしい男性には要注意
・見た目からでも判断できる!

ご質問はコメント欄まで!

ブログ村のランキングに参加しました!応援クリックお願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です