夏ボーナスを全額婚活にブッコめば割とマジで結婚できる件

夏ボーナスの季節がやってまいりました!使い道はもちろん全額婚活ですよね?
手取りとかじゃなく、間違えて額面全額を気前よくブッコみますよね?
だって、モノを買ったって10年後には朽ち果てるじゃないですか?
そもそも独り身にフィットするモノ買っても結婚したら見直し対象ですから。
え?旅行に使う?
いやいや、それ絶対カップルで行った方がいいですから。
もっとこう、エターナルラブな、なんというかその、

結婚しませんか?

上記の超雑な煽りでボーナス全額ブッコむ決意ができた方のみ以下へ進んでください。
この、悪質情報商材的煽りにまんまとハマってやろうという方、刮目して読んでください。
仕事中の方はとりあえずこっちの方が大事なので、一旦トイレにこもりましょう。

ボーナスがあれば結婚できる

ボーナスとはそもそも、会社が社員に対して婚活するために支給している特別配当金を指します。
そのため、婚活以外に使用するのは目的外利用となり、最悪の場合刑法で処罰され、前科が付く可能性があります。
ちなみに2017年夏のボーナス平均支給額は”83万9560円”だそうな。
ただ、私の周りでこんなに貰ってる人は2人くらいしか思い当たらず、ものすごい嘘くさいと感じたため、勝手に“50万円”という前提にすげ替えて話を進めていこうと思う。
この50万円というお金があれば、短期間で婚活を終わらせることが可能なのです。

大切なのはお金じゃなく男気

ボーナスがあれば結婚できる!とは熱弁できますが、実は50万円あれば結婚できるとは言えないのです。

「え?お前何言ってんの?」

と思った方、一旦私への殺意を抑えて聞いてください。
そう、結婚に必要なのはお金だけではなく、覚悟、すなわち男気なのです!男性も女性も、男気です。
ボーナス期という”年二回の贅沢タイム”を、婚活に捧げるというこの男気こそが、結婚へ最短距離で駆け抜けるプラチナチケットなのです。

婚活ポートフォリオを組むべし

使える資源は50万と置きましたが、大事なのは金額ではありません。
大切なのは“1カ月ポートフォリオ”をいかに組むかです。
ポートフォリオとは、金融用語で金融資産の組み合わせを指しますが、分かりやすい図を作りましたのでこれで大丈夫ですよね。


このピザみたいなやつが”ポートフォリオ”です。
このようにボーナスを婚活に当て込んでいきます。こんな感じです。


図で見ると直感的でこんなにもわかりやすい。
ポイントは、

“出会いに10万もかけられる”
“プロポーズは特別なデートとして拠出する”
“婚約指輪は無理しない金額で”

ということです。実は、婚活に失敗し続けている人は、出会いの予算を削りすぎていて、一人に絞る判断を下すには物足りない出会いの量になっているのです。
ケチって出会いを生み出さないことで、婚活が長期化し、結果いろんな弊害を生みながら予算も気づけばウン十万を軽く超える。なんてことも日常茶飯事です。
10万あれば結婚相談所も行くもよし!婚活パーティー連発するもよし!婚活アプリ重課金するもよし!すっごいいろいろ可能です。
また、プロポーズまでのデート予算を区切り、プロポーズ用にちょうどディナークルーズにペアで行けそうな金額を余すことで、ダラダラ結婚を決意しないリスクをヘッジできていますよね。
そして、婚約指輪は無茶してはいけません。ボーナスの金額によってはかなり安めの指輪になってしまいますが、結婚してしまえば財布は同じなのです。
形式を気にして財産を削る男性よりも、身の丈に合った金額で堂々と、
否!
威風堂々とプロポーズしてこそ真の男であり魅力的なのです。
女性の場合はこの部分を”預金”と置き換えてください。少額でも構わないので、最低でも2ケタ万円の預金があることで、計画性ある未来の嫁さん像が浮かび上がるからです。
この、迷わない投資が可能になる”ゴールを見据えた黄金比率“は、暗記する、もしくはお母さんに覚えといてもらうという原始的リマインダーをセットしましょう。

覚悟ある者は光り輝く

最後に!

覚悟の重要性を熱意を込めて!一丁前に!“手書きで!”説かせていただきます。

覚悟の重要性

理想とは幻想である

最後に、理想というものは存在しないということを説いていきます。
“最後に”というフレーズを2度使うタイプの校長先生スキームを採用したのは、記事の締めくくりとして重要な項目がどうしても2つになってしまったからであり、決して文才が無いわけではありません。
理想とは、人生の節目節目で変化するものです。
変化しゆく価値観を礎として人生の伴侶を得るのは、非常にリスキーです。
それよりも、自分の価値観は変化する相手の価値観も変化する、ということを理解し、互いに成長し合うという大きな器を持つ方がよっぽど建設的です。
夫婦どちらかの器に片方が乗っかるのではなく、二人の器を合わせて寛大な価値観を持つことが、何より大切なのです。

器(価値観)の変化対比図

関連記事はコチラ↓
結婚を後悔する理由は?焦って結婚は危険!
婚活に疲れた男女へ!運命の相手は出会うより育てよう!

moteproポイント!

・夏ボーナスは婚活ポートフォリオに落とし込む!
・身の丈に合った婚活が成功のカギ!
・相手に対する覚悟が内面を磨く!

ご質問はコメント欄まで!

ブログ村のランキングに参加しました!応援クリックお願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です